注目キーワード
クリスマス
さつまいも
介護食
白菜
やわらか食
おつまみ
鍋物
春菊

豆乳かんの小豆ソース添えレシピ

187Kcal(1人分換算)

豆乳かんの小豆ソース添え

  • 印刷する
管理栄養士コメント
豆乳は栄養豊富ですが独特の青臭さがあり、そのままでは使用しにくいですが、砂糖などを加えると食べやすくなります。食物繊維を含む寒天を使って豆乳かんにするのは整腸作用も高まるので一石二鳥です。

187Kcal

1人分換算
脂質 2.6g
糖質 26.2g
塩分(食塩相当量) 0g
コレステロール 0mg
ビタミンD 0μg
ビタミンB2 0.05mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

電車に立って 106分

電車に立って

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

  • (豆乳かん)
  • ・豆乳(無調整)1カップ
  • ・粉寒天2g
  • ・砂糖25g
  • ・水20ml
  • (小豆ソース)
  • ・水150ml
  • ・ゆで小豆(缶詰)100g
  • ・砂糖大さじ1~2
  • ゆで小豆(缶詰・飾り用)少々
  • ミント少々

作り方

  1. 1

    鍋に豆乳かんの材料を全て合わせ、火にかけてかき混ぜます。煮立ったら弱火にし、2~3分ほど練ります。水でぬらしたプリン型(またはカップ等)に注ぎ、粗熱を取ってから冷蔵庫で冷やしかためます。

  2. 2

    別の鍋に小豆ソースの水を入れて沸かし、小豆、砂糖を加えます。中火にし、底が焦げないように混ぜながら、とろみが付いたら火を止め、粗熱を取って冷やします。

  3. 3

    (2)の小豆ソースを皿に敷き、型から出した(1)を盛り付け、上に小豆とミントを飾ります。

ワンポイントアドバイス

豆乳や寒天、小豆を使った心和む和風デザートです。豆乳は分離しやすいので沸騰させないように気をつけましょう。お好みできな粉や季節のフルーツを添えても。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」