注目キーワード
なす
こんにゃく
弁当
から揚げ
照り焼き
ささ身
ツナ缶
かにかま
ベーコン

かれいの甘酢和えレシピ

170Kcal(1人分換算)

かれいの甘酢和え

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
消化の良いかれいと長ねぎ、しいたけ、にんじんを使った、しょうがの風味の甘酢和え。長ねぎの硫化アリルや根菜やしょうがの効果で、身体がぽかぽかになります。栄養もバランスよくとれるので、風邪を引いた時にお勧めです。

170Kcal

1人分換算
脂質 2.6g
糖質 13.6g
塩分(食塩相当量) 1.4g
コレステロール 72mg
ビタミンD 13μg
ビタミンB2 0.4mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

炊事 76分

炊事

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

  • かれい(切り身)1切れ(200g)
  • 片栗粉適量
  • にんじん50g
  • 生しいたけ2枚
  • 長ねぎ1本
  • だし汁(昆布)150ml
  • 砂糖大さじ1
  • 大さじ1
  • しょうゆ小さじ1
  • しょうが汁小さじ1
  • 少々
  • 片栗粉大さじ1/2
  • 大さじ1/2
  • 揚げ油適量

作り方

  1. 1

    かれいの切り身をひと口サイズに切り、塩を軽くふって15分以上置いておきます。

  2. 2

    かれいの水分をふき取り、片栗粉をまぶし、5分以上置いておきます。

  3. 3

    にんじんは乱切りに、しいたけはいちょう切りに、長ねぎの白い部分は3cmのぶつ切りに、青い部分は斜め切り(ささ切り)にしておきます。

  4. 4

    食材を揚げていきます。にんじんは油を火にかける前に入れておき、じっくり低い温度から揚げます。浮いてきたらできあがりです。かれいは、180℃の油で1分、表面がカラリとするまで揚げます。

  5. ※油の温度は少しずつ上がってきますので、にんじん、かれいの順に揚げるとよいでしょう。にんじんはじっくり揚げることでお菓子のように甘味が出て美味しくなります。

  6. 5

    フライパンに長ねぎの白い部分としいたけを入れ、じっくり表面に焦げ目が付くまで炒めます。

  7. 6

    (5)に、揚げたにんじんとかれいを加え、だし汁、砂糖、酢、しょうゆ、しょうが汁を加え、ひと煮立ちさせます。長ねぎの青い部分を加えてもう一度煮立ったら、片栗粉を水で溶いたものを、火から下ろして混ぜ入れます。

  8. ※水溶き片栗粉は、火をかけながら入れるとだまになります。

  9. 7

    塩で味を調えて、盛り付けます。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について