注目キーワード
さんま
さつまいも
しめじ
ハンバーグ
かぼちゃ
里いも
納豆
りんご
かつおのたたき
めんつゆ

かきとさわらの中華ねぎ鍋レシピ

278Kcal(1人分換算)

かきとさわらの中華ねぎ鍋

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
かきに豊富な亜鉛、さわらに豊富なパントテン酸は免疫作用を高くして風邪などにかかりにくくしてくれます。更にパントテン酸はビタミンCの作用を助けてくれるので、長ねぎに多いビタミンCの酸化防止作用を高めることができます。長ねぎがたっぷり摂取でき、唐辛子のカプサイシンを重ねてとれるねぎ鍋は、食べながら汗が出るほどです。一気に風邪を追い出しましょう。

278Kcal

1人分換算
脂質 8.6g
糖質 21.8g
塩分(食塩相当量) 4g
コレステロール 71mg
ビタミンD 6.2μg
ビタミンB2 0.5mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

睡眠 347分

睡眠

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

作り方

  1. 1

    長ねぎ1本は全てみじん切りにし、残りの1本は1cm幅の斜め切りにします。

  2. 2

    かき、さわらは、サッと湯に通して、水洗いし、臭みを取っておきます。

  3. 3

    えのきたけは軸を取り除いてほぐし、まいたけは手でさき、しょうがはみじん切りにしておきます。

  4. 4

    鍋にごま油を入れて熱し、みじん切りのしょうがと長ねぎ、豆板醤を入れて長ねぎがしんなりするまで炒めます。

  5. 5

    (4)の鍋に水、残りの調味料を全て加えてひと煮立たちさせます。

  6. 6

    土鍋にかき、さわら、えのきたけ、まいたけ、斜め切りにした長ねぎを並べ、(5)の鍋だしを加えて加熱し、火が通ったら完成です。

ワンポイントアドバイス

長ねぎのみじん切りが大量にスープに入っていることでおいしくなるのですが、生のままでは角が立ちます。しんなりするまで必ず炒めて甘味を出してから水分を加えましょう。豆板醤は炒めると辛味が増すため、苦手な方は水分とともに加えるとよいでしょう。驚くほどすぐに体が温まり、汗が出るほどのお料理です。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について