注目キーワード
大根
鍋物
さば
白菜
かぼちゃ
里いも
納豆
りんご
さんま
めんつゆ

ぶりと豆腐のみぞれ鍋レシピ

581Kcal(1人分換算)

ぶりと豆腐のみぞれ鍋

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
寒気がして風邪の予兆が見られたら、温かいものを食べて暖かくしてゆっくり過ごすのが一番。タンパク質が豊富で消化の良い豆腐と、ぶりに豊富なDHA、EPA、更に消化を助ける大根を組み合わせた、体が温まるしょうが入りの鍋で、風邪を吹き飛ばしましょう。

581Kcal

1人分換算
脂質 35.2g
糖質 8.1g
塩分(食塩相当量) 3.3g
コレステロール 109mg
ビタミンD 12μg
ビタミンB2 0.66mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

バドミントン 98分

バドミントン

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

作り方

  1. 1

    ぶりの切り身に軽く塩をふり、5分ほど置いた後、水分を拭き取っておきます。

  2. 2

    豆腐をぶりと同じ厚さ大きさに、削ぎ切りにします。

  3. 3

    長ねぎは斜め切りに、水菜はざく切りに、すだちは薄切りにしておきます。

  4. 4

    大根おろしにしょうがを混ぜておきます。

  5. 5

    鍋に(A)を入れて火にかけます。

  6. 6

    沸いたら昆布を取り出してぶり、豆腐を交互に重ねて並べ、長ねぎを添えます。

  7. 7

    ふたをして加熱し、沸いたら水菜、大根おろし、すだちを加えて沸いたらできあがりです。

  8. 8

    取り分けてそのまま、またはお好みでぽん酢しょうゆを加えて食べて下さい。

ワンポイントアドバイス

ぶりの臭みを取るために、ひと塩して寝かしてから出てきた水分をよく拭いて下さい。それでも臭みが気になる場合は寝かした後、少量の酒で洗いふき取るとよいでしょう。焼き豆腐をぶりに挟むことで豆腐にも魚のうま味がうつりボリュームたっぷりの具材になります。あっさりしたい方は絹ごし豆腐をぶりと重ねず、分けて入れるとよいでしょう。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について