注目キーワード
なす
ピーマン
こんにゃく
豚肉
しょうが
豆腐
鶏ひき肉
ひんやり麺
めんつゆ

しめじとはまぐりの卵とじうどんレシピ

292Kcal(1人分換算)

しめじとはまぐりの卵とじうどん

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
しめじに豊富なビタミンDはカルシウムの吸収促進により、ストレスを和らげるのに役立ちます。糖質であるうどんを減らしても、しめじの食感で満足感も得られるのでヘルシー。受験生やお仕事向けのお夜食にもぴったりです。はまぐりを合わせることで旨みがでるだけでなく、疲労回復、神経機能の正常化など、しめじの栄養素と相乗して効果が期待できます。受験生の方には七味などをかけて少々刺激をプラスするのもおすすめです。

292Kcal

1人分換算
脂質 4.2g
糖質 38.4g
塩分(食塩相当量) 5.4g
コレステロール 130mg
ビタミンD 1.1μg
ビタミンB2 0.47mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

散歩 110分

散歩

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

作り方

  1. 1

    しめじの根元を切り落とし、房をほぐしておきます。

  2. 2

    はまぐりをよく洗い、酒と一緒に鍋に入れ、ふたを閉めて加熱します。はまぐりがあぶくで見えなくなるくらい沸いてきたら、ふたを開けて菜箸で混ぜて火の通りを均一にしながら過熱します。はまぐりが開いたら火を止め、ゆで汁をザルでこし、はまぐりの身を取ります。

  3. 3

    鍋にだし汁と、はまぐりの煮汁、しめじを加えて3~4分煮てしめじに火を通します。

  4. 4

    薄口しょうゆ、みりん、しょうがの千切りを加え、ひと煮立ちさせてから、水で溶いた片栗粉を流し入れ、とろみを付けます。

  5. 5

    しっかり沸いたら、溶いた卵をそっと回し入れ、10秒待ってから菜箸で全体をゆっくり混ぜます。※卵を入れてすぐ混ぜると卵がくずれすぎて濁ったお汁になるので注意してください。

  6. 6

    温めたうどんを器に盛り、(4)のあんをかけ、三つ葉とはまぐりの身を盛り付ければできあがりです。

ワンポイントアドバイス

うどんはひとり1/2玉で、しめじの食感とあんでボリュームのあるヘルシーなうどんです。卵を加えるタイミングはとろみをつけてから。きれいに花が咲くように卵が開き見栄えもよくなります。卵を入れてすぐ混ぜると煮汁が濁ってきれいに出来上がりません。10秒程ぐつぐつさせてから混ぜるようにしましょう。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について