注目キーワード
タケノコ
ニラ
介護食
大根
やわらか食
菜の花
キャベツ
免疫
玉ねぎ

しょうがみその豆腐田楽レシピ

101Kcal(1人分換算)

しょうがみその豆腐田楽

  • 印刷する
管理栄養士コメント
しょうがに含まれるショウガオールとジンゲオールには身体を温めて免疫力向上に役立つとされており、簡単に、このしょうがみそをのせるだけで冷え性改善のメイン料理ができあがります。豆腐に含まれるイソフラボンや良質たんぱく質もとれる、女性におすすめのレシピです。

101Kcal

1人分換算
脂質 5g
糖質 6.1g
塩分(食塩相当量) 0.6g
コレステロール 0mg
ビタミンD 0μg
ビタミンB2 0.04mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

山歩き 22分

山歩き

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

  • 木綿豆腐1/2丁(150g)
  • ごま(白)少々
  • ごま(黒)少々
  • (しょうがみそ)50g※作りやすい分量(約375g)
  • ・しょうが125g
  • ・米みそ60g
  • ・砂糖40ml
  • ・酒40ml
  • ・みりん40ml

作り方

  1. 1

    しょうがみそを作ります。しょうがを皮付きのままみじん切りに切ります。

  2. 2

    鍋にたっぷりの水としょうがを入れて、強火で加熱し、ひと煮立ちさせたら、ザルで水気を切っておきます。

  3. 3

    フライパンに、(2)のしょうが、みそ、砂糖、酒、みりんを加えて中火にかけ、煮詰まって少しまわりが焦げそうになるまで混ぜながら煮詰めます。

  4. ※できあがりのうち、50gをここで使用します。今回使う分以外は保存容器に冷蔵保存しましょう。また、できたても美味しいですが、保存容器に入れて冷蔵保存し、ひと晩寝かした方が美味しくいただけます。

  5. 4

    豆腐を4等分に切り、フライパンにクッキングシートを敷いてから豆腐を並べ、中火で焼きます。少し焦げ目が付いたら裏返し、反対側も同様に焼いて器に盛り付けます。

  6. 5

    (3)のしょうがみそをのせ、ごまを少々ふったらできあがりです。

ワンポイントアドバイス

しょうがみそは1人分25g程度が目安。田楽で食べるなら30人前ありますが、しょうが焼きや野菜炒めなどの炒め物の調味料に、おみそ汁や鍋に加えたり、お肉のグリルや焼きおにぎり、焼き魚などにぬっても美味しく、めん類との相性も良くいろんな使い方があるので是非、まとめて作ってください。冷蔵庫で1ヶ月保存が目安です。また、(2)のしょうがのゆで汁は、しょうがのうま味をたっぷり含んでいるので、しょうが湯などにおすすめです。 ※日本介護食品協議会の「かたさ」や「粘度」による区分:歯茎でつぶせる

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」