注目キーワード
ハンバーグ
玉ねぎ
マヨネーズ
さやいんげん
ぽん酢
アスパラガス
じゃがいも
絹さや
むね肉
もやし

新着レシピ

最近新しく追加した10レシピをご紹介!

  • まぐろと夏野菜の竜田揚げ

    • かんたん
    • 30分以下
    • 222Kcal

    揚げ物料理ですが、まぐろを使うことでDHAやEPAが摂取でき、血液をサラサラにする効果があります。動脈硬化や高血圧が気になる方にも、揚げ物料理の中では夏野菜がたくさんとれるので、おすすめです。

    主材料:まぐろ(柵または薄切り) なす

  • かつおとアスパラのしょうがマヨ炒め

    • 20分以下
    • 252Kcal

    アスパラギン酸の疲労回復・ストレス改善効果に加えて、しょうがで体を温めることで代謝アップにつながります。さらに魚の油に含まれるDHA、EPAが血液をサラサラに促し、より効果的になります。冷え性の方や、普段の食事が肉類に偏りがちな方の疲労回復、ストレス改善におすすめです。

    主材料:グリーンアスパラガス かつおのたたき マヨネーズ

  • ゆず茶のパイ

    • 20分以下
    • 149Kcal
    • 塩分控えめ

    ゆず茶は、ゆずを砂糖やはちみつに漬け込んでジャム状にしたものです。ビタミンCやコラーゲンなど多くの栄養素が含まれているので、風邪予防や美肌効果に役立ちます。

    主材料:春巻きの皮 ゆず茶

  • サーモンハンバーグ

    • 30分以下
    • 295Kcal

    鮭とはんぺんは良質なたんぱく質を豊富に含みます。さらにこれらは低脂肪高たんぱく質です。カロリーを抑えて賢くたんぱく質が摂りたい方におすすめのハンバーグです。ほうれん草を付け合せることでビタミン、ミネラル類をプラスできます。

    主材料:生鮭 はんぺん ほうれん草

  • ピーマンとなすの炒め煮

    • かんたん
    • 10分以下
    • 54Kcal
    • 塩分控えめ

    ピーマンに特に多いビタミンCは抗酸化作用が強い為、お肌の老化予防におすすめです。紫外線予防の効果も高く、メラニンの沈着を防ぎ、シミそばかすの予防にも役立ちます。なすのポリフェノールも抗酸化作用が強いことから相乗効果が期待できる組み合わせです。ポリフェノールはなすの皮に多く含まれているので、皮をむかずに調理してください。

    主材料:ピーマン なす しょうが

  • ピーマンとアンチョビのガーリック炒め

    • かんたん
    • 20分以下
    • 76Kcal
    • 塩分控えめ

    ピーマンには、抗酸化作用が高いビタミンCに加えて、肌や粘膜を正常に保つβカロテンも豊富に含まれており、肌の老化を防ぎ、代謝を促進するのに役立ちます。血流を改善する魚の脂と、にんにくの新陳代謝改善効果をプラスすることで、より肌の代謝促進・若返り効果が期待できるレシピです。

    主材料:ピーマン アンチョビ(フィレ) にんにく

  • ピーマンとちくわのピリ辛炒め

    • かんたん
    • 10分以下
    • 70Kcal

    ピーマンに特に多いビタミンCが活性酸素を除去して肌の酸化を防ぎ、ビタミンAが肌の再生を促し正常に保ちます。お肌のもとになるタンパク質を合わせることで、効率よくターンオーバーを促し美肌へ導く組み合わせになります。ビタミンCは紫外線予防効果も強いので美肌におすすめのレシピです。

    主材料:ピーマン ちくわ

  • ピーマンのごま酢和え

    • かんたん
    • 10分以下
    • 81Kcal
    • 塩分控えめ

    ピーマンに豊富なビタミンCは、強い抗酸化作用でお肌の老化予防に役立ちます。抗酸化作用の高いセサミンを含む胡麻を合わせることで、効果も上がります。また、セサミンは女性ホルモンエストロゲンの様な作用を重ね持つことから角質層の水分保持に関わるセラミドの増加、コラーゲンの生成促進作用があると言われており、うるおい肌に導きます。

    主材料:ピーマン 干しえび 酢 ごま油

  • 黒ごま風味のジャージャーめん

    • 30分以下
    • 620Kcal

    ラー油の唐辛子に含まれるカプサイシンは、油によく溶け、血行促進や胃液分泌をよくする働きがあります。皮下脂肪の代謝を促進させて、肥満の防止が期待できます。唐辛子の赤色のカロテノイドもまた、油によく溶け抗酸化力があります。

    主材料:合いびき肉 中華めん 練りごま(黒)

  • 鹿ヶ谷かぼちゃの鶏そぼろあんかけ

    • 20分以下
    • 160Kcal

    鹿ヶ谷かぼちゃには植物油の主成分で成人病予防や美容に効果のあるリノレン酸が多く、また、抗酸化ビタミンと言われているビタミンC、ビタミンE、そしてβ-カロテンが沢山含まれているため、アンチエイジング効果もあります。水溶性のほか不溶性食物繊維が多く、便秘の予防や改善に役立ちます。良質のたんぱく質のとれる鶏肉と合わせることでさらに美容効果に期待できます。

    主材料:鹿ヶ谷かぼちゃ 鶏ひき肉

レシピ開発・動画レシピ開発のお問い合わせはこちら





酒匠女子の日本酒大酒き☆ボブとアンジー公式スピンオフfb

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について