注目キーワード
とうもろこし
なす
トマト
ピーマン
豚肉
カレー
そうめん
オクラ
ひんやり麺
めんつゆ

新着レシピ

最近新しく追加した10レシピをご紹介!

  • 里いものスープカレー

    • かんたん
    • 20分以下
    • 164Kcal

    しっかり疲れを取り、明日の元気につなげたい夕食には、肉やうなぎなどのこってりしたスタミナ料理より、消化吸収のスムーズな野菜が最適。里いもやゴーヤーに多いビタミンB群は代謝を良くして疲労回復に効果的です。また、オクラに多いカロテンによる免疫力アップ、トマトに豊富な抗酸化作用での老化防止も期待できます。より吸収良くスープに、スパイスをたくさん含んで体もぽかぽか。血行も良くなり、良い睡眠が得られます。

    主材料:里いも なす 玉ねぎ トマトジュース

  • 牛肉とごぼうの炒め煮

    • 20分以下
    • 306Kcal

    牛肉は、エネルギー源の代謝を助けるビタミンB群、貧血解消に効果的な鉄分、味覚障害を予防する亜鉛を含んでいます。また、ごぼうは噛みごたえがあるので、ゆっくり食べることになり、早食いを防ぎます。

    主材料:(基本のきんぴらごぼう) しらたき 牛肉(切り落とし)

  • チーズとアーモンドの焼きとうもろこし

    • かんたん
    • 10分以下
    • 591Kcal
    • 塩分控えめ

    とうもろこしに豊富なビタミンB群とアスパラギン酸がエネルギーを生産するので、スタミナ作りや疲労回復に効果的。更にアーモンドに豊富なビタミンEとレモンのクエン酸が相乗してより疲労回復効果が高まる組み合わせです。チーズのたんぱく質も補給できるので、活動的な方の疲れにくい体づくりにおすすめです。

    主材料:とうもろこし マヨネーズ

  • とうもろこしとツナの炊き込みご飯

    • かんたん
    • 60分以下
    • 367Kcal

    とうもろこしにはビタミンB群とアスパラギン酸が豊富。特に糖分の分解を促しエネルギーを生産するのに役立ちます。代謝されやすい状態で糖質をとることでスタミナ源となるエネルギーを生み出しやすくなります。代謝に必要なたんぱく質としてツナを加えることで栄養バランスがよく、魚の油で血流サラサラ効果も期待できる疲労回復ご飯です。

    主材料:米 とうもろこし ツナ缶(ノンオイル)

  • サーモンとほうれん草のスープ

    • 30分以下
    • 227Kcal

    鮭のアスタキサンチンは、コラーゲンやエラスチンの生成を助け、抗酸化力によって活性酸素を除去することで、皮膚の老化を防ぎ、美肌を保つ効果があります。鮭は女性にお勧め食品です。

    主材料:生鮭(皮なし) ほうれん草

  • たらのスープ

    • 60分以下
    • 108Kcal
    • 塩分控えめ

    たらは、肥満の予防改善、亜鉛による味覚障害の予防に役立ちます。白身魚の中でも脂質が少なく、ダイエット食に適しているといえます。旬は冬で、脂質は少なく、水分が多くあっさりとした味をしています。

    主材料:たら 中華スープ

  • 青じそシャーベット

    • かんたん
    • 60分超過
    • 99Kcal
    • 塩分控えめ

    青じその高い抗酸化作用や、豊富なビタミン、ミネラルをとれ、体の酸化をお肌だけでなく身体の中から予防、回復できるレシピです。レモンに豊富なビタミンCも相乗してお肌の他、夏の日差しや気候からくるストレスを改善してくれます。ただ、ソラレンという紫外線を吸収しやすくし、色素沈着を起こしやすくなる成分も含まれるので、これからたっぷり紫外線に当たる午前中より、夕方のおやつや夕食後などにおすすめです。

    主材料:青じそ 白ワイン グラニュー糖 レモン汁

  • みょうがとなすのもみ漬け

    • かんたん
    • 10分以下
    • 16Kcal

    みょうがに含まれる精油成分α-ピネンの、発汗、利尿作用の促進効果により、体にこもった余分な熱を排出することができます。更になすを組み合わせることで、なすに豊富なカリウムが、より体の熱を発散してくれます。冷やし過ぎは気になりますが、みょうがには血流を良くする効果もあり、反対に体を適度に温めることもできます。余分な熱を排出しながら冷え過ぎを緩和できる、夏バテ対策には最適な組み合わせです。利尿作用が強いことから、むくみ改善、デトックス効果も期待できます。

    主材料:なす みょうが 青じそ

  • みょうがとオクラと豚肉の甘酢炒め

    • 20分以下
    • 216Kcal

    みょうがに含まれるα-ピネンには、血流を促す作用があり、発汗、呼吸、血液の循環、消化機能の促進などが期待でき、体全体の代謝を上げてくれます。これに豚肉を組み合わせることで、体を作る材料となるタンパク質と、特にエネルギー代謝に役立つビタミンB1が豊富に摂取でき、スタミナのある体づくりに有効な献立です。食欲が減退しやすい夏の食事として、甘酢を加えて食べやすく、オクラに整腸作用があることから消化もよくお勧めの組み合わせです。

    主材料:豚肉(こま切れ) みょうが オクラ

  • セロリとアーモンドのポテトサラダ

    • 10分以下
    • 165Kcal
    • 塩分控えめ

    セロリやじゃがいもの皮に特に多く含まれているカリウムは、体内の余分な塩分を排出して正常化する作用を持ち、むくみの解消や、二日酔いなどの軽い脱水作用で体内の電解質のバランスが崩れた時の補給になり、これによって引き起こされる頭痛解消にもつながります。また、セロリには独特の香り成分アピインに鎮静作用があり、頭痛解消に効果的と言われています。そこへ、アーモンドを組み合わせることで、豊富なマグネシウムが血管の緊張をやわらげるのに役立つので、頭痛の軽減におすすめの組み合わせ料理です。

    主材料:セロリ じゃがいも アーモンド ベーコン

レシピ開発・動画レシピ撮影のお問い合わせはこちら



ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について