注目キーワード
クリスマス
さつまいも
介護食
白菜
やわらか食
おつまみ
鍋物
春菊

プロに教わる料理技(基本のお菓子)

基本のパンケーキ

  • Qこんがりキレイな焼き色にするには? フードスタイリストの技を伝授
  • A焼きムラが出来てしまう一番の理由は、フライパンの底の温度が高すぎること。生地をゆっくり流していると、先に流れて生地からどんどん色が付いてしまいます。いったん温めた底を濡れ布巾で冷やしてから焼きましょう。次に考えられるのは材料の混ざり具合。焼き色を左右する卵、砂糖、油脂はきちんと混ぜましょう。
  • Q砂糖は、グラニュー糖?上白糖やブラウンシュガーでもいい?
  • A一般的に上白糖は加熱すると色が付きやすい砂糖です。火力の調節が難しい、または熱が均一に伝わりにくい状況であれば、グラニュー糖を使ってみるとよいでしょう。三温糖、黒砂糖、ハチミツなどはそれぞれ甘さ、風味、色付きが異なりますので、分量は加減して使ってみてください。
  • Qパッケージ写真のように、ふっくらきれいに膨らむコツは?
  • A高さのあるパンケーキを作るのはなかなか難しいので、(2)枚を重ねて焼き上げるという方法がおすすめ。また、重ねた後に蓋をすることで、ふっくらしっとりとした生地に焼き上がります。ベーキングパウダーの量が多いと、においや苦味のもとになります。また湿気に反応してしまう性質があるので、古いものや保存状態の悪いものは膨らみにくくなります。あらかじめ薄力粉と合わせてふるってから使うということも均一に膨らませるための重要な要素です。
  • Qホットケーキミックスを使わず美味しいホットケーキを作る材料と分量は?
  • Aふんわり感と口どけが楽しめる配合で、卵、砂糖、牛乳、粉、バターといったシンプルな材料で作るレシピの場合、バターは冷めると固くなる性質があるので、サラダ油を加えてふんわり感を保つようにします。

プロフィール

監修 フードスタイリスト  丹羽 彰子(にわ あきこ)

洋菓子メーカーにて企画職として勤務し、退職後は料理研究家のアシスタントを経験。現在はウェブを中心に、レシピ提案、調理、スタイリング等を手がける一児の母。 専門・得意分野はお菓子とパン。 自家製酵母を育て、最近は自宅でパン教室も開催するなど、日々のパン作りをライフワークとするフードスタイリスト。

  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」