注目キーワード
りんご
しめじ
唐揚げ
照り焼き
ささ身
パーティ
さつまいも
むね肉

プロに教わる料理技(基本のお菓子)

基本のポップオーバー

  • Qそもそもポップオーバーとは?
  • Aパンケーキなどのアメリカン(ハワイアン)スイーツが流行りだした影響で話題になっていますが、もともとは、イギリス発祥のようです。イーストもベーキングパウダーも使わず卵の力だけで膨らませるシュークリームのようなものですが、ソーダブレッドみたいなクイックブレッドとしての位置づけのようです。
  • Q生地のサクっとモチっと感を出す焼き方のポイント、コツ
  • A生地は混ぜすぎないこと、焼く前に30分くらい常温におくのがポイントです。最初は高温、途中で温度を落として焼きますが、途中で絶対にオーブンを開けないでください。
  • Q専用の型やマフィン型でないとできませんか?
  • Aシリコン型やプリンカップでもできます。
  • Qこうすると失敗する(ふくらまない)などの重要ポイントがあれば
  • A生地が冷たいと膨らみにくいので、材料は常温に戻してから使うこと。そして、オーブンの予熱をしっかりとしておくこと。型にしっかりとバターを塗っておくことも大事です。型に生地がくっついてしまうと、取り出すときに形がくずれてしまいます。
  • Q一度にたくさん焼いてもよいのか?
  • Aオーブンのクセによっては、場所によって焼き上がりの高さがマチマチになりますが、たくさん焼いても大丈夫です。
  • Q他のレシピを見ていると、薄力粉のみのもの、中力粉のみのもの、強力粉をブレンドなど、いろいろありますが、違いは何?初心者におすすめは?
  • A薄力粉だけだと外側がやわらかめに仕上がります。強力粉を混ぜることによって、カリッとしたハードな食感を生み出してくれます。
  • Q生地にチーズをまぜた場合、焼き方に違いはありますか?
  • A生地が重くなる分、焼き上がりの高さがプレーンなものに比べて多少低くなるようです。
  • Q今回のレシピ以外に挟んでおいしいおすすめのものがあれば一言。
  • A食事系なら、アボカド+シュリンプ、ポテトサラダ、ツナサラダをサンドしたり、スクランブルエッグやラタトゥイユに添えたり、スープやシチューに合わせてもおいしくいただけます。スイーツ系なら、バナナ+バニラアイス+チョコレートソースでチョコバナナ、ゆるめのあんこ+抹茶アイスで和風に。スコーンのようにクロテッドクリーム(水切りヨーグルトでもOK)+お好みのジャムでもおいしくいただけます。また、アイスをはさんで冷凍するとシューアイスのように楽しめます。

プロフィール

監修 フードスタイリスト  丹羽 彰子(にわ あきこ)

洋菓子メーカーにて企画職として勤務し、退職後は料理研究家のアシスタントを経験。現在はウェブを中心に、レシピ提案、調理、スタイリング等を手がける一児の母。 専門・得意分野はお菓子とパン。 自家製酵母を育て、最近は自宅でパン教室も開催するなど、日々のパン作りをライフワークとするフードスタイリスト。

  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

  • 特集レシピ
  • 食コンディショニングおやつレシピ
  • 旬野菜のヘルシー食べ合わせレシピ
  • 日本酒にあう簡単おつまみレシピ
  • 食コンディショニングレシピ
  • 旬の京野菜レシピ
  • 女子力UPレシピ
  • 作り置きリメイクレシピ
  • カロリーダウンクッキング
  • 旬のお魚レシピ
  • 200kcal以下のかんたんダイエットスイーツ
  • 筋力・持久力・瞬発力UPの献立レシピ
  • 野菜ソムリエのベジフルレシピ
  • プロに教わる料理技(基本のお菓子)

  • 栄養素辞典
  • 和食の基本用語(材料・素材)
  • 和食の基本用語(道具・技法)
  • お菓子作りの基本用語
  • プロに教わる料理技 定番料理(和食)


ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について