注目キーワード
りんご
しめじ
唐揚げ
照り焼き
ささ身
パーティ
さつまいも
むね肉

プロに教わる料理技(基本のお菓子)

チョコレートブラウニー

  • Qブラウニーを焼くといつもパサつきます。しっとり焼くコツはありますか。もしくはそもそもブラウニーはしっとりさせるものではないのでしょうか。
  • Aパサつく原因はいくつかあります。①チョコレートやバターが少なくて粉類が多い。どっしりした濃厚なブラウニーにはチョコレートやバターがたっぷり入っていて、粉はあまり多くありません。②ベーキングパウダーが多い。膨らみ過ぎてパサパサすることがあります。③焼き時間が長い。ブラウニーはパウンドケーキなどに比べると厚みがない分、焼き時間は短くなります。
  • Q普通のチョコレートブラウニー生地の場合、もともと黒いので、焼き色がついているのか、焦げる手前なのかが分かりにくいです。焼き上がりの見分け方のポイントはありますか。
  • A箸や竹串を刺してみて、少し生地がついてくるくらいで焼き上がりです。焼き過ぎず、中がしっとりしているくらいがベストです。
  • Q焼き上がったら、天板や型のまま放置して粗熱をとるのでしょうか、それともまず天板や型から外して冷ます方がよいのでしょうか。
  • Aチョコレートの風味成分は揮発して消えてしまいやすいので、焼き上がったら天板や型からすぐに出します。
  • Q焼き立て、数時間置いて冷ます、一日置く、どれが一番食べごろですか。
  • A一日おいた方が味がなじんで美味しくなります。
  • Qプレゼント用に作り置きする場合、どのように保存すればよいでしょうか。冷蔵庫に入れる方がよいですか。
  • A3日くらいなら常温で大丈夫です(暑い時期は翌日まで)。 それ以降は冷蔵庫で保管するとよいでしょう。※目安は1週間。ただし、生クリームが入っているものならば、早めに食べ切りましょう。
  • Q生焼けにならないためのポイントはありますか。
  • A焼くときに生地が分厚くならないように気をつけてください。(目安として厚さ2cm以下)

プロフィール

監修 フードスタイリスト  丹羽 彰子(にわ あきこ)

洋菓子メーカーにて企画職として勤務し、退職後は料理研究家のアシスタントを経験。現在はウェブを中心に、レシピ提案、調理、スタイリング等を手がける一児の母。 専門・得意分野はお菓子とパン。 自家製酵母を育て、最近は自宅でパン教室も開催するなど、日々のパン作りをライフワークとするフードスタイリスト。

  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

  • 特集レシピ
  • 食コンディショニングおやつレシピ
  • 旬野菜のヘルシー食べ合わせレシピ
  • 日本酒にあう簡単おつまみレシピ
  • 食コンディショニングレシピ
  • 旬の京野菜レシピ
  • 女子力UPレシピ
  • 作り置きリメイクレシピ
  • カロリーダウンクッキング
  • 旬のお魚レシピ
  • 200kcal以下のかんたんダイエットスイーツ
  • 筋力・持久力・瞬発力UPの献立レシピ
  • 野菜ソムリエのベジフルレシピ
  • プロに教わる料理技(基本のお菓子)

  • 栄養素辞典
  • 和食の基本用語(材料・素材)
  • 和食の基本用語(道具・技法)
  • お菓子作りの基本用語
  • プロに教わる料理技 定番料理(和食)


ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について