注目キーワード
新じゃが
アスパラガス
サンドイッチ
アウトドア
お弁当
さやいんげん
鶏むね肉
新玉ねぎ
たけのこ

プロに教わる料理技(基本のお菓子)

基本のプリン

  • Qとろとろプリンとぷるぷるプリン、固さの調節はどうやってするの?
  • A食感は卵、牛乳あるいは生クリームの割合で決まります。卵が多いと昔風の固いプリンになり、牛乳、生クリームの量が多くなると、やわらかいプリンになります。また、砂糖は卵を固まりにくくする性質があるので、砂糖の量によっても固さが調節できます。
  • Qスがはいらないためには?
  • A温度調節が重要です。いきなり高温で焼くとスがたってしまいます。湯せん(60℃くらいの湯)をして蒸し焼きにすることで、卵がゆっくりと加熱され、舌触りのなめらかなプリンになります。
  • Qカラメルがこげてしまう。うまく作るポイントは?
  • A加熱を続けると焦げてしまいます。カラメルは60℃になると色づいて香りも出てきますので、ちょうどよい色になったらすぐに濡れふきんに鍋底をつけて加熱を止めます。
  • Q「砂糖」は上白糖?グラニュー糖? 何でもいいの?
  • Aプリン液はどちらでも構いませんが、一般的に上白糖は加熱すると色が付きやすいので、カラメルにはグラニュー糖を使う方がよいでしょう。
  • Qバニラエッセンスとバニラオイルの違いと使い分けは?
  • Aエッセンスは加熱で香りが飛んでしまうので、加熱しないお菓子に使います。オイルは油になじみやすく、高温でも揮発しにくいので、焼き菓子等の加熱するお菓子に使います。
  • Q電子レンジでもできる?
  • A耐熱性の陶器の器を使い、湯せんした状態で加熱するとできます。加熱ムラができやすいので、電子レンジの弱で様子を見ながら加熱します。

プロフィール

監修 フードスタイリスト  丹羽 彰子(にわ あきこ)

洋菓子メーカーにて企画職として勤務し、退職後は料理研究家のアシスタントを経験。現在はウェブを中心に、レシピ提案、調理、スタイリング等を手がける一児の母。 専門・得意分野はお菓子とパン。 自家製酵母を育て、最近は自宅でパン教室も開催するなど、日々のパン作りをライフワークとするフードスタイリスト。

  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

  • 特集レシピ
  • 食コンディショニングおやつレシピ
  • 旬野菜のヘルシー食べ合わせレシピ
  • 日本酒にあう簡単おつまみレシピ
  • 食コンディショニングレシピ
  • 旬の京野菜レシピ
  • 女子力UPレシピ
  • 作り置きリメイクレシピ
  • カロリーダウンクッキング
  • 旬のお魚レシピ
  • 200kcal以下のかんたんダイエットスイーツ
  • 筋力・持久力・瞬発力UPの献立レシピ
  • 野菜ソムリエのベジフルレシピ
  • プロに教わる料理技(基本のお菓子)

  • 栄養素辞典
  • 和食の基本用語(材料・素材)
  • 和食の基本用語(道具・技法)
  • お菓子作りの基本用語
  • プロに教わる料理技 定番料理(和食)
レシピ開発・動画レシピ撮影のお問い合わせはこちら



ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について