注目キーワード
とうもろこし
なす
トマト
ピーマン
豚肉
カレー
そうめん
オクラ
ひんやり麺
めんつゆ

プロに教わる料理技 定番料理(和食)

卵料理のコツ

卵は加熱すると固まります。この性質を利用していろいろに使い分けることができます。なによりも新鮮な卵を使うことがおいしい卵料理作りの基本ですが、他にも知っていると便利なコツがあります。

●卵は鮮度が落ちるので、使う直前に割ります。殻を割る時は、平らなところに打ちつけてヒビを入れると、細かい破片が落ちにくくなります。

●泡立てないように溶きほぐします。卵をボウルに割り入れ、箸の先を底につけたまま「こ」の字を書くようにします。溶いた卵は、一度漉すと見ためが美しく、口あたりがなめらかに仕上がります。器に流した時に、表面に浮いた泡もていねいに取り除きます。

●蒸す時は必ず蓋の内側に布巾をかけます。蓋の裏側に溜まった水滴が料理の表面に落ちるのを防ぎます。はじめは強火で、1~2分したら弱火で火が通るまで。竹串をさして澄んだ汁が浮いてくれば蒸しあがりです。火が強すぎたり、蒸しすぎると「す」がたって、見ためも悪く味も落ちます。

●ゆで卵を作るときは、冷蔵庫から出してすぐの冷たい卵をゆでると、ヒビ割れの原因になります。しばらくおいて室温に戻してから使います。卵は水から入れ、沸騰するまで箸でころがすと、黄身が中心に仕上がります。ゆで時間は半熟で5~6分、固ゆではその倍が目安です。それ以上長くゆでると黄身の外側が黒ずんでしまいます。

関連レシピ

●卵黄は低温でも時間をかければ固まりますが、白身は半熟の状態にはなっても完全には固まりません。この性質を利用したのが温泉卵です。

関連レシピ
  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

  • 特集レシピ
  • 食コンディショニングおやつレシピ
  • 旬野菜のヘルシー食べ合わせレシピ
  • 日本酒にあう簡単おつまみレシピ
  • 食コンディショニングレシピ
  • 旬の京野菜レシピ
  • 女子力UPレシピ
  • 作り置きリメイクレシピ
  • カロリーダウンクッキング
  • 旬のお魚レシピ
  • 200kcal以下のかんたんダイエットスイーツ
  • 筋力・持久力・瞬発力UPの献立レシピ
  • 野菜ソムリエのベジフルレシピ
  • プロに教わる料理技(基本のお菓子)

  • 栄養素辞典
  • 和食の基本用語(材料・素材)
  • 和食の基本用語(道具・技法)
  • お菓子作りの基本用語
  • プロに教わる料理技 定番料理(和食)
レシピ開発・動画レシピ撮影のお問い合わせはこちら



ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について