注目キーワード
さんま
なす
豆腐
えだ豆
きのこ
里いも
もやし
むね肉
れんこん

栄養素事典

コレステロール

働き
動脈硬化や生活習慣病といったマイナスイメージが強いコレステロールですが、脂質の一種で、細胞膜やホルモンの材料となるなど私たちの体にとって欠かせない構成成分の一つです。他にも脳細胞の神経繊維を包む細胞膜となったり、脂肪の消化に必要な胆汁酸の材料となったりします。コレステロールは食べ物から取り込まれるほかに、約7割が糖質や脂質をもとに体内で合成されます。
特徴
コレステロールはそのままでは水に溶けないため、血中ではHDLコレステロールとLDLコレステロールといった形で存在しています(これらはコレステロールが運搬用のトラックに乗ったものと考えるとよいでしょう)。LDLコレステロールはコレステロールを肝臓から必要な組織へと運び、HDLコレステロールは余分なコレステロールを回収して肝臓へ戻す働きを持っています。こうした働きからLDLコレステロールが悪玉コレステロール、HDLコレステロールが善玉コレステロールと呼ばれているのです。
不足すると
コレステロールが少ないと、血管や組織がもろくなり脳出血を起こしやすくなったり、免疫力が低下する等の報告があります。
摂りすぎると
体の中に余分なコレステロールが増え過ぎることにより、血管壁にコレステロールが沈着し、血管が狭くなったり、破れやすくなったり、詰まりやすくなります。これが、動脈硬化となり様々な生活習慣病を引き起こします。
主な食材は
コレステロール含有量が多いのは、鶏卵・レバー・うなぎなどです。魚卵や内臓にも多く含まれますので、子持ちシシャモやちりめんじゃこも考えに入れておいた方がよいでしょう。青魚やオリーブ油はHDLコレステロールを増やし、コレステロールを下げてくれる働きがあります。
上手な摂取方法
いくら食べ物から取り込まれるコレステロールが一部ではあると言え、特にLDLコレステロール値が高い方は食事が一因となっていることが考えられます。含有量の多い食品を控えることが望ましいのですが、鶏卵は他の優れた栄養素も多く含んでいますので、1日1個(気になる方でも半分)は摂るようにしましょう。食物繊維をしっかり摂ることもコレステロール低下には有効です。また、イカや貝類もコレステロールは多いのですが、コレステロールを低下に働きかけるタウリンも一緒に含んでいるため適量であればそれほど気にせずに摂っても大丈夫でしょう。
  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

  • 特集レシピ
  • 食コンディショニングおやつレシピ
  • 旬野菜のヘルシー食べ合わせレシピ
  • 日本酒にあう簡単おつまみレシピ
  • 食コンディショニングレシピ
  • 旬の京野菜レシピ
  • 女子力UPレシピ
  • 作り置きリメイクレシピ
  • カロリーダウンクッキング
  • 旬のお魚レシピ
  • 200kcal以下のかんたんダイエットスイーツ
  • 筋力・持久力・瞬発力UPの献立レシピ
  • 野菜ソムリエのベジフルレシピ
  • プロに教わる料理技(基本のお菓子)

  • 栄養素辞典
  • 和食の基本用語(材料・素材)
  • 和食の基本用語(道具・技法)
  • お菓子作りの基本用語
  • プロに教わる料理技 定番料理(和食)
レシピ開発・動画レシピ開発のお問い合わせはこちら





酒匠女子の日本酒大酒き☆ボブとアンジー公式スピンオフfb

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について