注目キーワード
なす
トマト
そうめん
オクラ
豚肉
ピーマン
ピリ辛
ひんやり
豆腐
きゅうり

栄養素事典

ビタミンB1

働き
ビタミンB1は、糖質の代謝に必要な酵素の働きを補う補酵素として働きます。つまり、炭水化物(糖質)から、活動に必要なエネルギーを生み出すのに、欠かせない物質なのです。脳の中枢神経や手足の末端神経の機能、心機能の正常化にも、直接関わっています。
特徴
米ぬかを取り除いた精白米を主食とする日本人は、ビタミンB1の欠乏症のリスクがあります。日常的に様々な食品を利用した食事をしていればまず問題はありませんが、最近ではインスタント食品の利用が多くなったことにより、ビタミンB1欠乏の報告がされています。アルコールをたくさん飲んだり、甘いものや清涼飲料水をたくさん摂ったときは、ビタミンB1が多く必要になります。また激しいスポーツをする人や多忙な人も、効率よくエネルギーを生み出すために、ビタミンB1を十分に摂るように心がけましょう。
不足すると
ビタミンB1が不足すると、糖質の代謝がうまく行われず、エネルギー不足になったり、疲労物質である乳酸が溜まりやすくなります。また脳に十分なエネルギーが行き渡らなくなることから、イライラしたり集中力が失われるなどが症状として現れます。極端なビタミン欠乏としては脚気があります。
摂りすぎると
過剰に摂取しても尿として排出されますので、体に悪い影響はないと言われています。
主な食材は
ビタミンB1が多く含まれる食品は、豚肉がよく知られています。他には、穀類の胚芽部分、うなぎやレバー、豆類、ナッツや牛乳などにも含まれています。
上手な摂取方法
ビタミンB1は水に溶けやすいので、煮物は煮汁ごと食べること、洗米はほどほどにすることで、流出による損失を減らせます。にんにくやニラ、ねぎや玉ねぎに含まれるアリシンと結びついたビタミンB1は熱に強く、吸収もよくなるので、組み合わせて摂るとよいでしょう。またビタミンB群は互いに協力し合って糖質の代謝に関わっていますので、複数のビタミンを合わせて摂ると高い効果が期待できます。一方、わらびやぜんまい、貝類にはビタミンB1分解酵素が含まれているので、これらの食材は加熱して利用するようにしましょう。
  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

  • 特集レシピ
  • 旬野菜のヘルシー食べ合わせレシピ
  • 日本酒にあう簡単おつまみレシピ
  • 食コンディショニングレシピ
  • 旬の京野菜レシピ
  • 女子力UPレシピ
  • 作り置きリメイクレシピ
  • カロリーダウンクッキング
  • 旬のお魚レシピ
  • 200kcal以下のかんたんダイエットスイーツ
  • 筋力・持久力・瞬発力UPの献立レシピ
  • 野菜ソムリエのベジフルレシピ
  • プロに教わる料理技(基本のお菓子)

  • 栄養素辞典
  • 和食の基本用語(材料・素材)
  • 和食の基本用語(道具・技法)
  • お菓子作りの基本用語
  • プロに教わる料理技 定番料理(和食)
レシピ開発・動画レシピ開発のお問い合わせはこちら







酒匠女子の日本酒大酒き☆ボブとアンジー公式スピンオフfb

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について