注目キーワード
長ねぎ
ほうれん草
れんこん
大根
きのこ
白菜
さつまいも
里いも
鶏肉
ひき肉

栄養素事典

ビタミンB2

働き
ビタミンB2は糖質・脂質・たんぱく質すべての代謝に、補酵素として関わっています。つまり、正常な活動や成長促進に欠かせない物質なのです。また粘膜を保護し、皮膚や目、口腔内を正常に保つ働きがあります。さらに動脈硬化や老化の原因とされている過酸化脂質の分解にも関わっていますので、生活習慣病予防のためにも積極的に摂りたい栄養素のひとつです。
特徴
ビタミンB2は、水に溶ける性質を持った水溶性のビタミンで、独特の黄色い色をしています。ご飯に混ぜる強化米や、ビタミンB2を強化した栄養ドリンクが黄色いのはそのためです。これらの食品を摂った場合に尿が濃い黄色になるのは、過剰分が尿中に排出されているためです。また、このビタミンは熱には比較的強いものの、日光によって酸化されやすいため、食品保存の際は光をさえぎる容器を利用するようにしましょう。
不足すると
ビタミンB2の不足は、口角炎や口内炎、舌炎といった粘膜症状として表れます。その他、肌が油っぽくなったり、脂漏性皮膚炎といった皮膚症状、目の充血や眼精疲労、ひどくなれば白内障といった目の症状を引き起こします。また子供では正常な発育成長の阻害につながることもあります。日頃から脂質やエネルギーを多く摂る方は、代謝の際にビタミンB2を多く必要としますので、不足しないようにしましょう。
摂りすぎると
過剰摂取分は尿中に排出されますが、相当な量を一度に摂取した場合には、かゆみやしびれといった症状が出ることもありますので、サプリメント等の摂取時には注意しましょう。
主な食材は
ビタミンB2が多く含まれる食品に挙げられるのは、レバー、卵、牛乳、納豆、アーモンドなどです。全般的には、野菜や穀類といった植物性の食品よりも、肉や魚といった動物性の食品の方に多く含まれます。また、野菜の中では緑黄色野菜に比較的多く含まれています。
上手な摂取方法
ビタミンB2は水に溶けやすいので、水洗いの際は手早く洗い、流出を防ぐようにしましょう。また、煮汁に溶け出していることもありますので、汁ごと食べることで無駄なく摂取できます。何よりも、ビタミンB群は相互に協力し合って代謝機能を正常に維持していますから、複数のビタミンを合わせて摂ることがより高い効果を得られるようになるのです。
  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について