注目キーワード
りんご
白菜
れんこん
大根
きのこ
白菜
さつまいも
里いも
むね肉
ひき肉

栄養素事典

ビタミンK

働き
ビタミンKの主な働きは、血液凝固(出血した時に血を固まらせる)因子を活性化させることで、出血時に自然に血が止まる作用を助けます。また、骨に含まれるたんぱく質を活性化させ、骨へのカルシウム沈着を促進したり、カルシウムが骨から流出するのを防ぐなど、複合的に骨を丈夫にさせるために働きます。そのため、骨粗しょう症の予防や治療に有用です。
特徴
ビタミンKにはK1~K7の7種類があります。自然界に存在するのはK1とK2の2種類で、K1は主に緑黄色野菜に、K2は主に発酵食品に多く含まれます。K1は植物の葉緑体で作られるため、日光が当たりにくい内側の葉よりも、日が良く当たる外側の葉の方が多く含まれます。またK2は主に微生物によって作られ、腸内細菌によっても合成されます。
不足すると
ビタミンKが不足すると、出血が止まりにくくなるなど、出血症のリスクが高まります。また骨粗しょう症の危険性も増大します。ただし、通常、欠乏することはまずありませんので問題はないでしょう。ただ、新生児は腸内でのビタミンK合成が未発達なためビタミンKの不足が起こります。消化管出血や意識障害をともなう頭蓋内出血が報告されているため、妊娠後期に十分なビタミンKの摂取をすることや、新生児にビタミンKシロップを飲ませるなどの方法で予防します
摂りすぎると
脂溶性ビタミンではありますが、体内貯蔵性が低いため、過剰症は報告されていません。
主な食材は
ビタミンKは発酵食品である納豆に非常に多く含まれています。また、ほうれん草や小松菜、かぶ葉、大根葉などの緑黄色野菜にも多く含まれています。
上手な摂取方法
血栓症の予防のために、抗凝固作用を持つ薬(ワーファリン)を服用されている方は、納豆の摂取を控えるよう指導されます。これはこの薬がビタミンKの血液凝固の働きを抑えることによって、血栓症を発症させにくくさせているためで、多量のビタミンKを摂取してしまうと効果が低下してしまうからなのです。(これは抗凝固薬に対してであって、抗血小板薬(アスピリン等)は全く問題はありません。詳しくは主治医にご確認下さい。)
  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について