注目キーワード
マロン
里いも
さんま
えだ豆
きのこ
豆腐
さつまいも
かぼちゃ
むね肉
れんこん

栄養素事典

葉酸

働き
ほうれん草の抽出物から発見されたために葉酸と呼ばれるこのビタミンは、ビタミンB9とも言われます。遺伝子情報をのせたDNAなど核酸の合成に関わり、たんぱく質や細胞を新しく作り出すのに必須の物質です。また、ビタミンB12と協力し合って赤血球の形成を助ける働きもあります。
特徴
葉酸は新しい細胞を作り出すのに必要な栄養素であることから、体の発育には欠かせません。細胞分裂の盛んな胎児ではなおのことで、妊娠期は普段の2倍近くの葉酸が必要であるとされています。妊娠の正常な維持と血管障害を予防する生理機能を持つことなども注目されており、妊娠中に葉酸不足になった場合の、胎児への悪影響が懸念されます。特に妊娠初期に葉酸が不足することで、神経管閉鎖障害という発育不全のリスクが高まることがわかっています。
不足すると
葉酸は、赤血球の形成に関わっているため、不足すると、ビタミンB12不足と同様に、巨赤芽球性貧血となります。また、新陳代謝の活発な口腔内や胃腸粘膜などに炎症が起こり、障害が出るとされています。その他、抗体の生成にも影響を与えることから、不足すると免疫力が低下し、風邪をひきやすくなるなどの恐れがあります。別項で述べていますが、妊娠期の葉酸不足は、胎児の発育不全につながるため、特に深刻です。
摂りすぎると
通常、過剰摂取は心配ありませんが、薬やサプリメントで大量に摂取した場合、じんましん等の皮膚症状が出ることがあります。
主な食材は
最も多く含まれている食品はレバーですが、ほうれん草や春菊、菜の花などの緑黄色野菜、枝豆、イチゴなど、普段利用できる多くの食品に含まれています。
上手な摂取方法
葉酸とビタミンB12はともに赤血球の形成に関わっているため、どちらが不足しても十分に機能しません。そのため、両方をバランスよく摂取する必要があります。他にもビタミンB6は一部で赤血球の形成に関わり、ビタミンCは葉酸を活性化させるなど、関係しあって働いているので、これらを一緒に摂ることも意識してみましょう。偏ることなくいろいろな食材を摂ることが大切です。
  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

  • 特集レシピ
  • 食コンディショニングおやつレシピ
  • 旬野菜のヘルシー食べ合わせレシピ
  • 日本酒にあう簡単おつまみレシピ
  • 食コンディショニングレシピ
  • 旬の京野菜レシピ
  • 女子力UPレシピ
  • 作り置きリメイクレシピ
  • カロリーダウンクッキング
  • 旬のお魚レシピ
  • 200kcal以下のかんたんダイエットスイーツ
  • 筋力・持久力・瞬発力UPの献立レシピ
  • 野菜ソムリエのベジフルレシピ
  • プロに教わる料理技(基本のお菓子)

  • 栄養素辞典
  • 和食の基本用語(材料・素材)
  • 和食の基本用語(道具・技法)
  • お菓子作りの基本用語
  • プロに教わる料理技 定番料理(和食)
レシピ開発・動画レシピ開発のお問い合わせはこちら





酒匠女子の日本酒大酒き☆ボブとアンジー公式スピンオフfb

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について