注目キーワード
りんご
しめじ
唐揚げ
照り焼き
ささ身
パーティ
ハロウィン
ベーコン

栄養素事典

カリウム

働き
カリウムは主に細胞内液(細胞の内側の液)に存在し、細胞の浸透圧を保ち、正常な体液バランス(水分バランスやpH)を維持しています。また、ナトリウムとともに神経系の刺激伝達や、筋肉の収縮にも関与しています。腸の筋肉の収縮に関わることにより、腸筋力低下が原因で起こっている便秘の解消へも働きかけます。さらに老廃物の腎臓での排泄を促します。
特徴
人間の体内では、細胞内にカリウム、細胞外にはナトリウムが多く含まれていて、ナトリウムポンプと言われる調節機能によって、細胞外からカリウムを取り込むと同時に、余分なナトリウムを細胞外へと排出して、一定の濃度を保っています。ナトリウムの摂り過ぎやカリウムの摂取不足により、このバランスが大きく崩れると、高血圧となります。カリウムは、このバランスを保つのに必要なのです。また、腎臓でのナトリウムの再吸収を抑制して体外への排出を促したり、末梢神経を拡張したりすることによっても、血圧を下げるよう働きます。
不足すると
摂取不足や慢性の嘔吐下痢、その他何らかの異常によって、細胞外のカリウム濃度が一定以下の濃度になると、低カリウム血症となり、脱力感・筋力低下などの症状を引き起こします。いわゆる夏バテも、発汗によりカリウムが失われることが原因のひとつになります。ひどい場合にはけいれんを起こしたり場合によっては筋肉の麻痺を生じます。心疾患がある場合には不整脈を起こします。
摂りすぎると
腎臓に障害があったり、ある種の薬の使用によっては、高カリウム血症となります。軽度ではそれほど症状は表れませんが、重度の場合は不整脈や心停止を引き起こします。
主な食材は
カリウムは、バナナやメロンなどの果物類、さつまいもなどのイモ類、ほうれん草をはじめとする野菜類、大豆・納豆などの豆類に多く含まれます。自然の食品にまんべんなく含まれるミネラルですので、いろいろな食材を摂るようにしましょう。
上手な摂取方法
摂り過ぎたナトリウム(塩分)を尿中へ排出する際、カリウムも一緒に排出されてしまいます。そこで、十分なカリウムを摂るためにはナトリウムの摂り過ぎに注意することが必要となります。また調理による損失が大きく、煮物の場合およそ30%が失われるとされています。この場合、煮汁を一緒に摂ることで効率よくカリウムを摂取することができます。コーヒーやアルコールの多飲も、カリウムを減少させる要因となりますので、注意しましょう。腎機能が低下している人ではカリウムの摂取制限がある場合がありますので、専門家にご相談下さい。
  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

  • 特集レシピ
  • 食コンディショニングおやつレシピ
  • 旬野菜のヘルシー食べ合わせレシピ
  • 日本酒にあう簡単おつまみレシピ
  • 食コンディショニングレシピ
  • 旬の京野菜レシピ
  • 女子力UPレシピ
  • 作り置きリメイクレシピ
  • カロリーダウンクッキング
  • 旬のお魚レシピ
  • 200kcal以下のかんたんダイエットスイーツ
  • 筋力・持久力・瞬発力UPの献立レシピ
  • 野菜ソムリエのベジフルレシピ
  • プロに教わる料理技(基本のお菓子)

  • 栄養素辞典
  • 和食の基本用語(材料・素材)
  • 和食の基本用語(道具・技法)
  • お菓子作りの基本用語
  • プロに教わる料理技 定番料理(和食)
レシピ開発・動画レシピ撮影のお問い合わせはこちら



ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について