注目キーワード
りんご
白菜
れんこん
大根
きのこ
白菜
さつまいも
里いも
むね肉
ひき肉

栄養素事典

カルシウム

働き
私たちの体内に存在するカルシウムは約99%が骨や歯を形成し、残りの1%は血液や筋肉・神経に存在しています。この1%のカルシウムが実は重要で、筋肉の収縮に関与して心臓を規則正しく動かしたり、血液凝固に一役買ったり、神経の興奮緊張を緩和したり、様々な生命活動維持に関わっています。
特徴
私たちの体は、血液中のカルシウム濃度を一定に保つようになっていて、血中カルシウム濃度が下がると骨を破壊して血液中にカルシウムを補い、逆にカルシウムに余裕ができると骨にカルシウムを蓄える(骨の形成)といった調節を繰り返しています。骨は体を支えるのと同時にカルシウムの貯蔵庫としての役割を果たしているのです。
不足すると
血液中に必要なカルシウムは、前述の通り常に調節されています。そのため一時的に摂取量が少なくなったとしても、すぐに欠乏症になることはありません。しかし、長期間にわたりカルシウムが不足すると骨形成が不十分となり、骨がもろくなり骨粗しょう症のリスクを高めるとされています。
摂りすぎると
通常の食生活でカルシウムの摂り過ぎは起こりにくいですが、過剰症として、結石の原因となることや、他のミネラルの吸収を阻害したりすることが報告されていますので、サプリメントや薬の摂取の際には注意しましょう。
主な食材は
よく知られている、牛乳・乳製品、小魚のほか、大豆・大豆製品や緑黄色野菜・海藻類にも多く含まれています。特に牛乳・乳製品は、カルシウムとリンの比率が理想に近く、吸収を高める成分や骨の形成を促す成分が含まれているため、カルシウムの摂取に適しているとされています。
上手な摂取方法
ビタミンD・Cを合わせて摂ることで、骨の形成を助けます。また、マグネシウムは骨に入るカルシウム量を調節する働きがあり、マグネシウムが不足するとカルシウムの不足につながることから、マグネシウムの不足にも注意しましょう。適度な運動は骨を丈夫にするだけでなく、カルシウムの吸収アップにもつながります。その他、カルシウムの吸収を妨げる要因(ナトリウム・リン・たんぱく質・脂肪・食物繊維・アルコールの摂り過ぎ)も考慮しましょう。
  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について