注目キーワード
さんま
なす
豆腐
えだ豆
きのこ
里いも
もやし
むね肉
れんこん

栄養素事典

リン

働き
リンはカルシウムに次いで、体中で2番目に多いミネラルです。約8割がカルシウムやマグネシウムと結合して骨や歯を形成しています。残りは有機リン酸化合物として細胞に存在し、核酸や細胞膜の構成成分となっています。また、体内でのエネルギー蓄積と放出において、リンは欠かせない成分です。その他、リン酸塩として体液のpHを調節したり、浸透圧を調節するよう働きかけています。
特徴
リンは、私たちが日ごろ口にしている加工食品に、食品添加物として含まれています。その目的は結着剤、安定剤、pH調整などで、よく知られているハム・ソーセージのほかに、プロセスチーズ、冷凍すり身(かまぼこ等)、漬物、レトルト食品などに使われています。食品添加物の使用については是非があり、製造者も不要なものは使わない方向にはなってきているようですが、特別に意識して避けない限り何かしら口にしているこの時代、こういった食品からもリンを摂っていることを頭に入れておいた方がよいのでしょうね。
不足すると
リンが不足すると骨軟化症などが起こるとされています。しかし、現代の食生活でリンが不足することは、まずありません。むしろ摂り過ぎが問題となります。
摂りすぎると
リンが過剰になると、1:1が理想的とされるカルシウムとのバランスが崩れ、骨組織にあるカルシウムを血中に取り込んでバランスを保とうとします。その結果、骨量・骨密度が減少し、骨粗しょう症となるのです。腎機能障害があるとこの影響を受けやすいので、注意しましょう。
主な食材は
リンは、肉類、魚介類、乳製品など、動物性食品に多く含まれています。その他、大豆、種実類などの植物性食品にも含まれるなど、食品全般に含まれている栄養素です。
上手な摂取方法
リンとカルシウム、マグネシウムは関係が深く、そのバランスは2:2:1がよいとされています。国民栄養調査では、リンは摂り過ぎ傾向、カルシウムとマグネシウムは不足しているとの結果が出ています。バランスが崩れると、他方の栄養素もうまく働けなくなります。丈夫な骨のためには、十分なカルシウムの摂取のほかに、リンを摂り過ぎないこと、マグネシウムを積極的に摂ることなどを、合わせて考えるようにしましょう。
  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

  • 特集レシピ
  • 食コンディショニングおやつレシピ
  • 旬野菜のヘルシー食べ合わせレシピ
  • 日本酒にあう簡単おつまみレシピ
  • 食コンディショニングレシピ
  • 旬の京野菜レシピ
  • 女子力UPレシピ
  • 作り置きリメイクレシピ
  • カロリーダウンクッキング
  • 旬のお魚レシピ
  • 200kcal以下のかんたんダイエットスイーツ
  • 筋力・持久力・瞬発力UPの献立レシピ
  • 野菜ソムリエのベジフルレシピ
  • プロに教わる料理技(基本のお菓子)

  • 栄養素辞典
  • 和食の基本用語(材料・素材)
  • 和食の基本用語(道具・技法)
  • お菓子作りの基本用語
  • プロに教わる料理技 定番料理(和食)
レシピ開発・動画レシピ開発のお問い合わせはこちら





酒匠女子の日本酒大酒き☆ボブとアンジー公式スピンオフfb

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について