注目キーワード
新じゃが
かぶ
鶏ひき肉
いちご
れんこん
さやいんげん
鶏むね肉
新玉ねぎ
酒粕

栄養素事典

コエンザイムQ10

働き
コエンザイムQ10は、体内で電子伝達系における補酵素として栄養素からエネルギーを取り出すのに必要な物質で、エネルギーの産生に重要な働きをすると言われています。また、抗酸化作用を持つ物質としても注目されていています。細胞膜の酸化が原因の一つと考えられている老化の予防や精子の働きを高めたり、免疫細胞に作用するなどの免疫機能の維持にも効果があると言われています。
特徴
コエンザイムQ10は、生物界に広く分布するキノン構造を有する物質ということでユビキノンと呼ばれたり、ビタミンと同等の生理作用をもつ物質としてビタミン様物質に分類されて、ビタミンQと言われたりします。コエンザイムQ10は、脂溶性で、細胞内ではミトコンドリアにもっとも多く存在し、細胞のエネルギーのもとになるとともに、抗酸化作用があると言われています。最近は、サプリメントや化粧品の1成分として使用されることもあり、それを強調した商品も多く見られます。
不足すると
コエンザイムQ10は体内で合成されますが、加齢により合成機能が低下し、不足状態が起こることもあると言われています。不足すると、体内の臓器の中で一番多く含まれているといわれている心臓に影響が出たり、免疫力が低下して風邪をひきやすくなったりすると言われています。また、肩こりや冷え性・月経不順といった症状を引き起こすこともあると言われています。
摂りすぎると
主な食材は
コエンザイムQ10を多く含む食品は、レバーやもつ、牛肉・豚肉などの肉類、かつお・マグロやイワシ・サバなどの背の青い魚です。その他に、大豆や落花生・ブロッコリーといった植物性食品にも含まれています。コレステロールが心配な人などは、豆腐などの大豆製品でとるといいですね。
上手な摂取方法
コエンザイムQ10は脂溶性なので、油料理や油を使った料理と一緒に取ることで吸収率をUPさせ、効率よく補給することができます。抗酸化作用のあるビタミンE・ビタミンCと一緒に摂ることで、コエンザイムの抗酸化力がアップします。コエンザイムが多く含まれるレバーやもつにはコレステロールを多く含むので、高脂血症や糖尿病の症状のある人は摂り過ぎに注意しましょう。
  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

  • 特集レシピ
  • 食コンディショニングおやつレシピ
  • 旬野菜のヘルシー食べ合わせレシピ
  • 日本酒にあう簡単おつまみレシピ
  • 食コンディショニングレシピ
  • 旬の京野菜レシピ
  • 女子力UPレシピ
  • 作り置きリメイクレシピ
  • カロリーダウンクッキング
  • 旬のお魚レシピ
  • 200kcal以下のかんたんダイエットスイーツ
  • 筋力・持久力・瞬発力UPの献立レシピ
  • 野菜ソムリエのベジフルレシピ
  • プロに教わる料理技(基本のお菓子)

  • 栄養素辞典
  • 和食の基本用語(材料・素材)
  • 和食の基本用語(道具・技法)
  • お菓子作りの基本用語
  • プロに教わる料理技 定番料理(和食)
レシピ開発・動画レシピ撮影のお問い合わせはこちら





酒匠女子の日本酒大酒き☆ボブとアンジー公式スピンオフfb

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について