注目キーワード
りんご
いも
しめじ
かぼちゃ
ハロウィン
やわらか食
美肌
介護食

栄養素事典

リコピン

働き
リコピンはβーカロテンより強い抗酸化力持っていることが最近の研究でわかり注目されるようになりました。その抗酸化力は、βーカロテンの2倍、ビタミンEの100倍あると言われています。活性酸素を抑制することで、血糖値の上昇を抑えたり、動脈硬化・がんの予防、また、紫外線の害を抑え、メラニンの生成を抑制する働きがあることで、美白・美肌効果が期待されています。
特徴
色素成分のカロテノイドはカロテン類とキサントフィル類に分けられますが、リコピンは体内でビタミンAの働きをするβーカロテンと同じくカロテン類の一種です。トマトやスイカなどの赤色色素で、炭素と水素のみから構成されるため水には溶けませんが、油に溶けるので、一緒に摂取することで吸収率がUPします。同じカロテン類のβーカロテンと違って体内でビタミンAの働きはしないので、あまり注目されませんでした。
不足すると
カロテノイドの欠乏症が報告されていないことから、カロテノイドやリコピンの適正量はまだ分かっていません。老化や生活習慣病予防には1日に15mg(Lサイズのトマト2個分、参考:トマトジュース1本だと18mg含む)が必要と言われています。喫煙をする人やストレスのたまりやすい人は血清中のリコピン濃度が低下するという報告もありますので、それ以上の摂取を心がけるといいでしょう。
摂りすぎると
主な食材は
トマト・スイカ・柿・ルビー系のグレープフルーツなどの野菜・果物で赤系の色素として多く含まれています。トマトでも、青い所の残ったトマトより、完熟の真っ赤なトマトの方が含有量が多くなります。リコピンを効果的に摂取するためには完熟トマトや加工されたトマトの利用がお勧めです。
上手な摂取方法
リコピンは脂溶性という性質から炒めたり、油を使ったサラダやマリネといった料理で、油と一緒に摂ると吸収が高まります。リコピンは熱にも強いので、オリーブオイルなどを使ったトマトソースやトマトベースのトマト鍋やスープもリコピン摂取には効果的な調理法です。また、βーカロテンと一緒に摂取するとより吸収が高まる可能性があることが報告されています。
  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」