注目キーワード
新じゃが
かぶ
鶏ひき肉
いちご
れんこん
さやいんげん
鶏むね肉
新玉ねぎ
酒粕

栄養素事典

ポリフェノール:セサミン

働き
セサミンは抗酸化作用によって肝臓の活性酸素を除去するのに大きな効果を発揮し、アルコールの分解を促進や二日酔いの予防、肝臓がんの予防に効果があることが報告されています。セサミンはビタミンEを保護する作用を持ち、ビタミンEと協力して活性酸素を取り除き、悪玉コレステロールの生成を防ぎ、高脂血症の予防、動脈硬化をはじめとした成人病予防に効果があると言われています。ファイトエストロゲンであるリグナン類には乳がんや大腸がんの予防にも効果があることが報告されています。
特徴
セサミンの「セサミ」とはゴマのことで、ゴマに含まれるリグナン類の中で最も多く含まれる成分です。リグナン類は、セサミンのほかにセサミノール・セサモリンなどが含まれ、C6-C3の骨格をもった化合物の総称で、植物の茎や根・種子などに広く含まれるポリフェノール性物質です。ゴマに含まれるリグナン類はゴマリグナンと呼ばれ、女性ホルモンに似た働きをするファイトエストロゲン(植物エストロゲン)の1つです。
不足すると
セサミンの過不足による害というのは特に報告されていません。
摂りすぎると
セサミンの過不足による害というのは特に報告されていません。たたし、ゴマで毎日摂取する際には、注意が必要です。ゴマの主成分は脂質とたんぱく質で、脂質が約50%含まれた高エネルギーの食品です。肥満気味の人が摂取する場合には過剰な摂取に注意しましょう。また、ゴマの外皮はかたい食物繊維で覆われていて消化が悪いので、下痢しやすい人の多食は禁物です。
主な食材は
セサミンの主な食品はゴマです。含有量はゴマの1%程度がゴマリグナンで、その半量ぐらいがセサミンです。具体的には、ゴマ大さじ1杯(9g)に含まれるセサミンの量は45ミりグラム程度です。1日に10ミリグラム程度摂取すると効果的といわれているので、普段の食事の中で無理なく摂取できます。
上手な摂取方法
ゴマはかたい外皮に覆われているので、すりゴマにしたり、ゴマ油で摂取することでセサミンを効果的に吸収することができます。セサミンはビタミンEと一緒に摂るとより抗酸化作用がアップします。ビタミンEはゴマにも多く含まれていますが、その他にかぼちゃやアーモンドなどの種子類・サケなどの魚介類に多く含まれていますので、一緒に摂ると活性酸素を除去する効果アップが期待できます。
  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

  • 特集レシピ
  • 食コンディショニングおやつレシピ
  • 旬野菜のヘルシー食べ合わせレシピ
  • 日本酒にあう簡単おつまみレシピ
  • 食コンディショニングレシピ
  • 旬の京野菜レシピ
  • 女子力UPレシピ
  • 作り置きリメイクレシピ
  • カロリーダウンクッキング
  • 旬のお魚レシピ
  • 200kcal以下のかんたんダイエットスイーツ
  • 筋力・持久力・瞬発力UPの献立レシピ
  • 野菜ソムリエのベジフルレシピ
  • プロに教わる料理技(基本のお菓子)

  • 栄養素辞典
  • 和食の基本用語(材料・素材)
  • 和食の基本用語(道具・技法)
  • お菓子作りの基本用語
  • プロに教わる料理技 定番料理(和食)
レシピ開発・動画レシピ撮影のお問い合わせはこちら





酒匠女子の日本酒大酒き☆ボブとアンジー公式スピンオフfb

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について