注目キーワード
りんご
いも
しめじ
かぼちゃ
ハロウィン
やわらか食
美肌
介護食

栄養素事典

ポリフェノール:クルクミン

働き
ターメリックはインド・中国・日本などでは古くから黄疸や肝臓疾患・胃腸疾患の薬として利用されてきました。これはクルクミンの働きによるところが大きいと考えられます。現代になって、クルクミンは胆汁分泌促進作用が認められていて、強い解毒作用をあわせもち、肝機能の強化や肝臓障害の予防改善に効果があることが報告されています。また、クルクミンは体内で強い抗酸化作用を持つテトラヒドクルクミンにかわることから肺がんなどの予防にも効果があるのではないかと期待されています。
特徴
ショウガ科のウコンの根茎から抽出した黄色の色素成分がクルクミンで、ウコンから作られるスパイスのウコンの黄色の成分でもあります。スパイスのウコンはカレー粉の主成分となっており、ウコンの根茎をゆでて乾燥し皮を除去したものがスパイスとなっています。ウコンの英語名はターメリックで、スパイス名として一般的に使われています。クルクミンはスパイスとして用いられるほかに、のびのよい安全な食品添加物(着色料)として広く用いられています。
不足すると
クルクミンの食事での過不足というのは特に報告されていません。
摂りすぎると
クルクミンの食事での過不足というのは特に報告されていません。ウコンには鉄分が牛レバーと同様に含まれるため、肝炎の患者さんで、鉄分の摂取を控えた方がいい方は長期の摂取で体内に蓄積することなどの弊害が出ることがあるので注意しましょう。食品から摂る場合、クルクミンの吸収率は低く、多くは排出されますが、急性の黄疸や肝硬変、妊娠中の人などの大量摂取は避けるのはいいでしょう。
主な食材は
ターメリック(ウコン)としても販売されていますが、一般的に手に入りやすいのはカレー粉です。もちろんカレー粉を原料としたカレールーやレトルトカレーにも含まれていますが、含有量がカレー粉の方が多いので、カレー粉を利用して調理の方が効率的に摂取できます。
上手な摂取方法
ターメリック(ウコン)としても販売されていますが、一般的に手に入りやすいのはカレー粉です。もちろんカレー粉を原料としたカレールーやレトルトカレーにも含まれていますが、含有量がカレー粉の方が多いので、カレー粉を利用して調理の方が効率的に摂取できます。
  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」