注目キーワード
りんご
いも
しめじ
かぼちゃ
ハロウィン
やわらか食
美肌
介護食

栄養素事典

ジンゲロール

働き
ショウガは薬味として広く使われます。これは辛味成分であるジンゲロールが強い殺菌力を持つことから食中毒の予防や、胃液の分泌を促進して消化吸収を助ける働きを持つためです。また、新陳代謝を活発にして発汗作用や体を温める作用があることから、冷え取り作用が期待されます。これは生のショウガより乾燥したり加熱したショウガにより効果が強くあらわれるという報告があります。加熱や乾燥によりジンゲロールの一部がより体を温める効果のあるショウガオールに変化することによると考えられています。
特徴
発酵していない大豆製品からの摂取を考えると、たんぱく質の代謝を促進するビタミンB群、特にマグロなどの魚や牛レバーなどの肉類に多く含まれるビタミンB6と一緒に摂ると大豆ペプチドとしての吸収も促進されます。また、食品に含まれるのは量が少ないので、大豆ペプチドを効率よく摂取できる機能性食品や機能性飲料の利用もお勧めです。大豆由来ということから、大豆にアレルギーのある人や食べすぎにはくれぐれも注意が必要です。
不足すると
摂りすぎると
ショウガの通常の使用量での使用は安全ですが、一度に大量のショウガを摂取すると、腹部の不快感・胸やけや下痢などを起こすことも報告されています。一日の使用量としては生のショウガ一かけ(10g)、薬味としての使用は小さじ1杯程度を目安にするといいでしょう。また、ショウガは刺激の強い食品ですから胃腸の弱い人やショウガにアレルギーを持つ人は特に注意が必要です。
主な食材は
主な食品はショウガです。ショウガ類には葉ショウガ・芽ショウガ・根ショウガなどが出回っていますが、ジンゲロールが多く含まれるのは根ショウガの2年以上たつひねショウガ(スーパーなどで一般に(土)ショウガとして販売されているもの)に多く含まれています。
上手な摂取方法
ショウガはよく洗って皮ごとすりおろすとより香りがたつとともにジンゲロールも効率的に摂取できます。ショウガは加熱することで、ショウガオールに変化するので、冷え症予防を考えると加熱して摂ると効果アップが期待できます。ショウガ湯にしたり温かい紅茶などに加えるなどして温めて飲むこと、加熱調理する料理に使うなどがお勧めです。乾燥したショウガにも体を温める効果が期待できるという報告もあるので、薄切りにして天日干しして使用することもお勧めです。
  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」