注目キーワード
りんご
いも
しめじ
かぼちゃ
ハロウィン
やわらか食
美肌
介護食

栄養素事典

オルニチン

働き
オルニチンはアンモニアから尿素を生成する回路で重要な役割をはたすことから解毒効果が期待され、肝機能を高める働きがあるといわれています。 二日酔いの予防やアンモニアを原因物質とする精神的な疲労(ストレスなど)からの回復が期待されています。また成長ホルモンの分泌を促進する働きがあることから筋肉の増強や、成長ホルモンが脂肪の分解に関係していることからダイエット効果が期待されています。オルニチンが細胞分裂を活発にすることから肌や髪の健康に効果があると期待されています。
特徴
オルニチンはアミノ酸の一種です。アミノ酸にはたんぱく質の構成成分になるものとならないものがあります。オルニチンはたんぱく質の構成成分に ならないアミノ酸で、人の体内では遊離アミノ酸として肝臓や骨格などに存在しています。肝臓の中では体の毒となるアンモニアを無害の尿素にして 排出するオルニチン回路でオルニチンは重要な役割を果たしています。
不足すると
たんぱく質などを摂取すると一部の窒素分子がアンモニアになります。アンモニアは人の体には有害物質で、肝臓で無害の尿素に変えてから排出します。 このアンモニアを尿素に変える回路をオルニチン回路と呼び、この回路の中でオルニチンが重要な役割をはたしています。オルニチン回路は肝臓の 重要生理作用であり、この回路が十分に働くことでアンモニアが血液中に出ることを防ぎ、生命維持に役立っています。
摂りすぎると
主な食材は
オルニチンはシジミにもっとも多く含まれていて、その量はシジミ100g中に約10mg程度と報告されたいます。他にキハダマグロ・ ヒラメ・チーズ・パンなど身近な食材に含まれていますが、その量は効果を期待するには少ないことが報告されています。
上手な摂取方法
食品自体に含まれるオルニチンの量は少ないため、肝機能を高めるためには他の肝機能を高める物質を持つ食品と組み合わた献立を考えることで 効果アップが期待できます。また、ロイシン・リジンといった 必須アミノ酸も肝機能を高める効果が期待される物質なので、それらを多く含む鶏胸肉を組み合わせた献立もいいです。
  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」