注目キーワード
りんご
いも
しめじ
かぼちゃ
ハロウィン
やわらか食
美肌
介護食

栄養素事典

納豆キナーゼ

働き
納豆キナーゼは血栓の原因物質のフィブリンを分解する酵素で、フィブリンに直接働きかけて血栓を溶解する働きがあると報告されています。よく言われている ]「血液サラサラ」にする効果が期待できます。病院で血栓溶解剤として処方されている「ウロキナーゼ」とほぼ同様の作用があるという報告もあります。 血栓は心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす要因とも言われているので、これらの病気を予防する機能性栄養素として期待されています。
特徴
納豆キナーゼは大豆を納豆菌で発酵させることによって生まれる酵素で、納豆のネバネバ部分に含まれています。納豆を食べるときによくかき混ぜることは 納豆キナーゼの働きを高めます。納豆キナーゼは原料となる大豆はもちろんのこと、納豆以外の食品には含まれない機能性栄養素です。比較的新しい研究の成果で 1980年代に、フィブリンたんぱく質(血栓の原因となるたんぱく質の一つ)を分解する酵素を「納豆キナーゼ」と命名しました。
不足すると
納豆は納豆キナーゼのほかにビタミンKの含有量が多い食品です。ビタミンKは血液を正常な凝固をさせる(けがをした時などに出血を止める)ために不可欠な 物質であり、出血箇所以外では正常に血液が流れるように凝固を抑える物質の合成にも不可欠な物質です。
摂りすぎると
健康な人には納豆は優れた食品ですが、抗凝血薬の ワーファリンなどを服用している人は納豆に含まれるビタミンKが薬の効果を妨げることがありますので、医師の指示に従って摂取しましょう。
主な食材は
大豆を納豆菌で発酵させることで生成される酵素なので、納豆が唯一の食品です。納豆類の中でも京都の大徳寺納豆や静岡の浜納豆などの糸を引かない納豆は麹菌を 使って作られる納豆なので納豆キナーゼは含まれていません。
上手な摂取方法
納豆キナーゼは生きた酵素なので、70度以上の高温になると活性力が失われます。納豆キナーゼの血液サラサラ効果を期待するなら、加熱せずに料理に 使う方がいいでしょう。一般的に血栓ができやすいのは夜中から朝方といわれています。納豆キナーゼの血栓予防効果は8時間ぐらい継続されるとの報告が ありますので、夕食に納豆を食べると血栓予防の効果が期待できます。納豆キナーゼは納豆のネバネバ部分に含まれるので、納豆をしっかりと混ぜて粘りを 出してから食べると効果アップが期待できます。
  • このコラムのTOPへ戻る
  • 特集・コラムのTOPへ戻る

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」